スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題を巡り、農林水産省は13日、都城市の発生農家から約1キロ以内にある10農家の家畜を対象に、感染の有無をみる抗体検査を実施することを決めた。同日開かれた同省の専門家委員会で了承された。既に1農家あたり最大10検体を採取済みで、14日から分析する。感染が拡大した県央部から飛び火したとみられることなどから、検査が必要と判断した。

 また専門委は農水省に対し、新たに飛び火が疑われる事例が発生した場合には、周辺の大規模農家へ立ち入り調査を実施することを提言した。

 一方、日本養豚開業獣医師協会はこの日、専門委の各委員に質問・意見書を提出。専門委への(現場に詳しい)民間人登用についての見解▽ワクチン接種の区域設定の根拠--などを尋ねた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了

おぼれた女性1人死亡、2人が重体 千葉(産経新聞)
「恩返ししたい」 大分・中津江村の人々がカメルーンを応援(産経新聞)
<菅首相会見>その3「自信を持って日本の改革を押し進める」(毎日新聞)
愛犬、すき間に頭挟まりSOS…消防署員が救出(読売新聞)
財布は「治療費としてもらった」 公園で男性暴行、傷害で男逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト

食の安全 「推進イニシアチブ」日中合意 相互調査明文化(毎日新聞)

 中国製冷凍ギョーザ事件などを受け、「食の安全」に関する協議を続けていた日中両政府は31日、「日中食品安全推進イニシアチブ」に正式合意した。食品事故が起きた際、相手国の同意を得たうえで、製造現場の立ち入り調査を相互に認めることを柱とし、初めて明文化した。

 長妻昭厚生労働相と王勇・国家品質監督検査検疫総局長が同日、担当閣僚会合を開催。主な合意内容は、食品事故が発生した際、原因究明や再発防止に向け相互に必要な情報を提供▽担当閣僚間の年1回の定期協議の開催--など。【佐々木洋】

【関連ニュース】
パパイア:遺伝子組み換え輸入品、夏にも解禁
中元商戦:百貨店でスタート 高島屋“近大マグロ”で参戦
牛肉:協議再開 裏に選挙 日米農相、輸入緩和巡り綱引き
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている
質問なるほドリ:農業への関心高まりは、担い手の不足解消につながる?

中国大使館に侵入の男逮捕 天安門事件リーダーのウアルカイシ氏?(産経新聞)
アートコーポレーション会長、少女わいせつ容疑(読売新聞)
種牛49頭の殺処分に着手(読売新聞)
<横浜・弁護士殺害>いきなり胸さす? 腕に争った傷なく(毎日新聞)
「ギザギザハート」熱唱も…地元の新首相(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。